2019年 春 発売決定!

生きることを教えてくれた ありがとうを今伝えたい 心からあなたへ
お知らせ
  • 2019/02/10 清水孝宏「ひまわり」ティザーサイトをリニューアルしました!
  • 2018/12/21 清水孝宏「ひまわり」ティザーサイトを公開しました。

清水孝宏について

様々なシーンで歌われています!

皆さんから届いた声

About Himawari

ひまわりについて

シンガーソングライターの清水孝宏が「感謝」をテーマに作詞作曲したうた。

真夏のひまわり畑のような、すべてを包み込んでくれる温かさを誰しもが記憶の奥底に眠らせている。言葉に出すのがちょっと恥ずかしいような「ありがという」をストレートに歌い上げた渾身の一曲。

育ててくれた人は誰しもがいると思います。あなたを育ててくれた大切な人を想って言葉を伝えてください。

歌詞/song lyrics

作詞者:飯野歩 清水孝宏
作曲者: 清水孝宏

大切なあなたに贈る手紙 声に出すのが照れくさいから 書きながら涙が溢れました 楽しい思い出浮かびました

選んで生まれたこと 選んでくれたこと 守ることが全てだと 口癖のように言ったね

育ててくれてありがとう 愛をくれてありがとう 言葉にできない想い込めて 私は家族が大好きだよ

大切なあなたに贈る花は ひまわりのように笑ってました 心に花を咲かせました 世界で一番素敵な花でした

選んで生まれたこと 選んでくれたこと 守ることが全てだよ いつまでも変わらない 未来を

育ててくれてありがとう 愛をくれてありがとう 言葉にできない想い込めて 私は家族が大好きだよ
育ててくれてありがとう 愛をくれてありがとう 言葉にできない想い込めて 私は家族が大好きだよ

言葉にできないこの思い込めて

清水 孝宏
TAKAHIRO SHIMIZU
フォークシンガー・ラジオパーソナリティ
学校法人 船田教育会 作新学院大学客員准教授
学校法人 宇都宮メディア・アーツ専門学校 放送・映像・音響科 教官
大田原ふるさと大使
小樽ふれあい観光大使
プロフィール

1998年から本格的に音楽活動を開始。2003年にユニットでデビュー。コーラス、リードギター、ブルースハープ、アレンジなどをこなし、アルバム4枚、シングル4枚のリリースに貢献。
2006年に「小樽ふれあい観光大使」に就任。2011年10月より出身地である栃木県大田原市の「大田原ふるさと大使」に任命される。2009年9月1日よりシンガーソングライターとして本格始動しながらラジオパーソナリティ、ナレーション、イベントMC、結婚式、各種パーティーの司会等を担当。
シンガーとしてはリスナーが共感し、魂に直接語りかける歌に定評があり、自身でも歌いながらその曲を多くのアーティストに提供している。
2013年5月15日に「清水孝宏音楽事務所」設立。2014年1月から、学校法人船田教育会作新学院大学客員准教授に就任。2014年4月から学校法人宇都宮メディア・アーツ専門学校教員に就任。また直近の活動としては、Eテレ「おかあさんといっしょ」の元体操のおねえさんいとうまゆ、ご当地キャラソン界の帝王と呼ばれる石田洋介、そして清水孝宏と3人でのトリオでの活動をスタートさせた。

出 演

とちぎテレビ 「SatocameGT」毎週木曜日19:00~
Radio Berry FM栃木 「SatocameGT」メインパーソナリティー 毎週金曜日19:00~
CRT栃木放送 「9時までよろしいでしょうか?」毎週水曜18:30~21:00生放送
CRT栃木放送 「 食わず嫌わず」毎週土曜日9:30~9:55
FM NACK5 The nutty radio showおに魂内「清水孝宏のOn your mark」
CRT栃木放送 Psycho Club毎週木曜22:30~(2003年10月~2009年9月)
CRT栃木放送 GTOでぶっ飛ばせ!毎週火曜22:30~(2011年5月~2012年3月)
Radio Berry FM栃木 「作用反作用」毎週火曜20時半~(2014年7月~2015年6月)
ラジオつくば 「音アプリ」パーソナリティー(2013年10月~2016年3月)

discography
omoicoin

シングル
「OMOI」
2010年9月3日 発売

onyourmark

2ndアルバム
「On Your Mark」
2010年2月4日 発売

絆

1stアルバム
「絆」
2010年3月5日 発売

一輪の花のように

3rdアルバム
「一輪の花のように」
2013年6月7日 発売

Double

4thアルバム「Double」
2016年4月21日 発売

Sung in various scenes

様々なシーンで歌われています

メッセージ性の高さから2分の1成人式をはじめ、卒業式、結婚式、故人を偲ぶ会などでも歌われています。

また、清水孝宏の地元である栃木県の小学校から広がり、現在では全国の小学校や中学校で歌い継がれています。

最後の学年合唱曲が清水孝宏さんの「ひまわり」だった。
この曲好きだし…歌詞が本当にヤバイ!聞くにはハンカチ必須です。

小学6年の息子を持つ母

母がなくなって間もない頃、ラジオから流れてきた清水孝宏さんの「ひまわり」。なかなか感謝の言葉を言えずにお別れとなってしまった母の顔を思い浮かべ涙が出てしまいました。

R.A 埼玉県

Voice

皆さんから届いた声

息子が手術、入院をしていた頃、いつもこの曲に励まされていました。

清水孝宏さんがコンサートで歌っている姿を見て、自然と涙が出ました。

小学校で初めて聞いてから、とても好きな曲の1つになりました。

素直に言えない言葉も、歌にのせれば伝えることが出来るかもと思いました。